女の人

高度な専門職

診療放射線技師とは病院などで放射線を使った検査等を行う専門職で、国家試験に合格する必要があります。そして診療放射線技師になるには、大学で専門教育を受けて先端技術や知識を身につけることです。どこがいいのかは、診療放射線技師の大学の比較サイトが参考になります。

詳しく見る

女性

必要な課程を学ぼう

鍼灸師になるための専門課程を勉強できる施設は、大学と専門学校の二つがあります。短期間での取得や大卒も取得できるなど、それぞれにメリットがありますので、自身が希望する形で鍼灸師になれる学校を選びましょう。

詳しく見る

ドクター

方針で選ぶ

診療放射線技師になるために大学を選ぶということであれば、学費なども大事です。学費や特色などをきちんと調べておくことでもっとも利用しやすい大学を選択することが出来ます。実績で判断していくことも大切なポイントです。

詳しく見る

施術道具

これから目指そうとする人

鍼灸師になるためには費用もかかります。そしてただ収入のために目指すのであれば難しい職となります。しかし鍼灸から人の身体を研究したいと考えるのであれば、とてもやりがいのある職となるという人が多くいます。

詳しく見る

婦人

医療の専門職に就く

診療放射線技師は医療現場における、放射線検査・治療のスペシャリストです。診療放射線技師は国家資格であり、資格取得には指定の大学等を卒業した後、国家試験に合格する必要があります。予防医療に貢献できるなど全国的に需要の高い資格でもあります。

詳しく見る

鍼灸を使ったお仕事

鍼灸

必ず通うことになる学校

日本には、はり師ときゅう師という職業があり、それぞれ国家試験を合格して資格を取得しなければなることができない仕事です。『はり』という道具と『きゅう』という道具を使って、体の痛みをやわらげることに特化しているため、いろいろな方の力になることができるでしょう。もしも、はり師かきゅう師を目指しているのならば、人体に関わる知識や技術を教わるために、必ず学校に通わなければいけません。独学や実務経験(師匠などについて)では受験資格すらもらえない資格なので、はり師ときゅう師に対応する学校探しから始めましょう。ただし、これらの資格は鍼灸師という一つの資格にまとめられているケースが多いため、ほぼすべての学校が両方の知識や技術の勉強ができるようになっています。片方だけ必要だと感じていても、分離して教わることは無理なので、どちらかではなく鍼灸師を目指すようにしましょう。なお、鍼灸師の学校には三年間(最短のケースで)通うことになり、昼間だけではなく夜間の学部も開設されています。もしも、働きながら鍼灸師の資格を取りたいのなら、時間的余裕がある四年間の夜間学部もありますので、昼間は仕事で忙しい方は検討してみましょう。また、鍼灸師の学校選びのときには必ず卒業した方の就職率も確認することをおすすめします。就職率が高い学校の場合は、鍼灸師の業界にコネを持っているケースが多いため、よい働き先に出会える可能性が高くなるからです。